アロエシオはお客様の声から生まれました

「ボディソープに塩を混ぜて使っていますが、指の間から、ポロポロ落ちてうまくマッサージできません」

塩のマッサージが普及しはじめた頃、アロエのボディソープご愛用のお客様からこんなお便りをいただきました。

塩のマッサージはお肌を引き締め、スクラブ効果もあります。しかし塩そのままでは、お肌を痛めやすく、なめらかさもいまいち…。

私たちは、アロエのボディソープのしっとり感を、塩にも反映できないかと考えました。しかしただボディソープに塩をまぜるだけでは、安定した商品としてお客様にお勧めできるものにはなりません。くり返し、くり返し試行錯誤を重ね、いつしかたくさんのサンプルが研究室の机を占領するようになった頃、ようやく「アロエシオ」が誕生しました。

塩は国産の赤穂の塩。アロエエキスで潤いを保ちながら、植物性の洗浄成分にこだわりました。滑らかな感触は気持ちよく肌にのび、塩の適度なツブツブ感はマッサージとスクラブ効果を促進させます。

アロエシオがお客様に親しまれてから今年で16年。限定品を含めると種類もタイプも豊富に育ちました。これもひとえに、ご愛顧いただいている皆様のおかげです。

 

キダチアロエの力

昔から家庭の庭先に植えられてきたキダチアロエ。キダチアロエには、様々な有用な成分が含まれています。

キダチアロエもアロエベラも、その働きは大きくは異なりません。ただし、法律によって食品などに使って良い部分が異なっているため、その働きに違いが出てきます。様々な働きを示す成分は主に葉の緑色の部分に含まれています。キダチアロエは葉全体を使用してよく、緑色の部分も利用します。

アロエベラは、表皮を除いたゲル状の透明の葉肉部のみが利用できます。保湿の働きがある葉肉部のゲルはアロエベラに多く含まれるため、アロエベラは石けんや化粧品に多く使われます。お腹や胃に優しい成分は、主に緑色の部分に含まれるため、健康食品にはキダチアロエが使われることが多く、「アロエと大豆」にもキダチアロエを使用しています。